楽しんだもの勝ち?授業は楽しもう

授業内容と講師の質

本日は、英会話スクールAEONの授業内容と外国人講師の質についてお話ししたいと思います。

 

授業形態としては、グループレッスンやプライベートレッスンといった形から少人数クラスかマンツーマンクラスなのか選ぶことができます。

 

レベルも細かく別れていて、先生との入校テストにて一緒に丁寧に決められるので自分にあったレベルから始められます。

 

私は、グループレッスンを週2回各50分のレッスンを受けていました。

 

人数は約5〜7人。生徒の年齢は幅広く、10代から30代、たまに時間によっては50代の方もいらっしゃいました。

 

雰囲気は皆さん明るく優しい方ばかりで、初めてクラスに参加した際も、とてもWelcomeな雰囲気で迎えて下さいました。

 

ですから、初めてだからと言って、不安がることはないと思います。

 

先生もサポートして下さいます。

 

授業内容はどんな感じ?

そして授業内容ですが、グループレッスンでは2冊のテキストを使い勉強しました。

 

一つはレッスン用、そしてもう一つは宿題になることが多い物でした。

 

授業はテキストに沿って行われますが、このテキストも内容が充実していて、その日行うテーマ、文法、単語が決まっていて、それに沿って会話や文法、リスニングを行っていました。

 

初めには、生徒同士で近状報告。何をしたの?何を食べたの?学校、仕事はどうだった?等の話から始まり、レッスンに入っていきます。

 

この際、分からない事があれば先生が教えてくれますので安心して話すことが出来ます。

 

ただ、授業中は日本人講師のレッスン時であっても、日本語は厳禁。

 

自分が知りたい事についても英語で質問しなければいけません。

 

これが一番苦労するポイントだと思いますが、プチ留学を体験しているような感じで

 

行えるのが最大の魅力だと思います。

 

そして、外国人講師の質についてですが、私が通っていたスクールには、カナダ出身の先生と、イギリス出身の先生がいらっしゃいました。ブリティッシュイングリッシュは難しいですね。教え方も丁寧で、いつも明るく楽しく授業をして下さいました。

 

恥ずかしがり屋の日本人も思い切って質問しよう

 

特に、日本人には完璧にまねが出来ない発音!ゆっくり細かく発音記号を見せながら教えて下さいました。

 

ただ、日本語が本当に分からない方、もしくは勉強中の方達ですから、日本語は通じません。

 

私の性格上、最初は中々仲良くなれず、質問もあまりできませんでした。

 

しかし、そういう部分もくみ取って、日本の文化や日本人に興味がある外国人の方なので会話を無理に強制したり無視をして先に進んでしまうと言うことは一切ありませんでした。

 

そして、外国人講師の方は、皆さん入社前にテストを受けるそうです。

 

出身地でも教育関連の勉強をしていた先生がほとんどですので、教え方は本当に上手でした。私は、日本で子どもたちに英語を教える仕事をしていた経歴があります。

 

正直にいってしまうと、外国人でも教育関係の勉強をしているのとしていないのとでは大きな差が生まれます。私は英語教育関連の仕事をした際に、AEONの外国人講師の質はとても高かったのだと改めて実感しました。

 

授業中でも、授業後でもフレンドリーなAEONの外国人講師の方々。

 

私は是非、もう一度彼らに英語を教えて貰いたいと思うほど、素晴らしいと思います。